独身証明書って何か知っていますか?

現在戸籍の上で、結婚していないことを証明するためのものです。

取得するには本籍地の自治体の窓口(区役所・市役所・町村役場・出先機関など)に機関に発行してもらいます。

請求方法は、住民票や戸籍謄本と同じ 本人確認書類(免許証・パスポート・個人番号カードなど)が必要です。

住民票はマイナンバーのICカードがあるとコンビニで入手できます。ですが、独身証明書は窓口でないと発行されません。

また、独身証明書の申し込みには「本籍」を必ず記入しないといけないです。

ほかは住民票などとそう変わりなく必要事項を記入して捺印すると発行してもらえます。

自治体によって多少様式などは異なりますが氏名・生年月日・本籍地(市町村まで番地等はない)

「~上記の者が婚姻するに当たり民法第732条(重婚の禁止)の規定に抵触しないことを証明する。」ということが掲載してあります。

請求できる方

本人・代理人

※ご本人が請求できない、やむを得ない理由があるときだけ本人以外の人が請求が可能です。(郵送での代理申請は×)

※事業者が本人に代わり請求することは不可能です。

※独身証明申請書はフラワーマリッジマーチで用意できますので、必要な場合お知らせください。

独身証明書を郵送で請求できる!

本籍地から離れてる人は本籍地のある自治体まで行くのは大変ですよね。

また、窓口で人に知られるのも気が引ける人もいると思います。

大丈夫です!郵送でも独身証明書の発行請求は可能となっています。

本籍地の自治体のホームページを見ていただくと、各種証明書の郵送の請求方法が掲載されています。

あなたの本籍地の自治体のホームページを確認してみてください。

郵送での申請手順

  1. 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等交付請求書をダウンロード本籍地のある自治体のホームページからダウンロードしてください。
    または、便せんなどに下記のものを記入したものでも構いません。(1)請求者の住所、氏名、捺印、昼間の連絡先(電話番号)
    (2)請求する証明書(独身証明書)と必要数
    (3)本籍地、筆頭者、請求者と筆頭者の続柄
    (4)具体的な使用目的、提出先
  2. 手数料分の定額小為替
    ※定額小為替はゆうちょ銀行または郵便局で購入できます。※切手、収入印紙、小切手等での取扱いはできません。
  3. 返信用封筒※返送先として請求者の住所・氏名を記入します。切手(基本料金(定形料金84円/定形外封筒120円))を貼ってください。速達、書留、特定郵便等の場合は、基本料金に切手を加算して貼付します。※返送先は現在の住民登録地のみです。お勤め先等にはお送りできません。
  4. 請求者の本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード(個人番号カード)等)のコピー

    ※独身証明書は、代理人による郵送請求はできません。