婚活疲れはどうして起こる

どうして婚活疲れが起こるの?って一言でいうと「深く考えすぎ」なんです。

難しく考えすぎてたり、結婚しなきゃって自分を追い込みすぎてたりしてるんです。

そんなに難しく考えないで・・・大体の人は結婚できます。

だって、結婚している人が見た目がすごいきれいな人とか、かっこいい人ばかりじゃないし・・・

性格がすごくいい人ばかりでもないし、全然そうじゃない人も結婚してるでしょ?

言われてみればたしかに!と思うはずです。
もう少し気楽に考えないとダメなのね

あとは、少し自分の考え方を分解していくと、どうして悩んでしまうのかわかってきます。

「どうして婚活をしようと思ったの?」

「結婚がしたいの?恋がしたいの?」

「ストライクゾーンちょっと狭すぎかな?」

「現実離れしてる?」

自分の悩みの原因を先に見つけて、もっと婚活を楽しむとうまくいきますよ。

婚活をしようと思った理由

まずは婚活を始めたきっかけを思い出してみてください。

どんな気持ちで始めました?

親に言われたから
友達が結婚したから

理由はみんなそれぞれですよね。

大体は何となく始める人が多いと思うのです。

そのなんとなく始めたものになぜかすごく苦しめられています。

なんとなく始めたんだから、もっと柔軟に考えていいんです。

「うまくいくときはうまくいくし、うまくいかない時はいかない・・・」婚活なんてただそれだけなんですよ。

だから、覚えててほしいのは婚活の場で選ばれなかったときとか、うまくいかなかったとき自分を責めないでほしいんです。

たまたまタイミングが悪かっただけなこともあるんです。

「結婚しなきゃ病」になっていませんか?

結婚を本当にしたいと思っていますか?「結婚しなきゃ病」になっていませんか?

そんなに結婚を望んでないのに、周りの雰囲気に流されて結婚しなきゃって考えすぎになっていませんか?

たしかに・・・焦ってそういう風になっているような
言われてみればそうかも

結婚はタイミングです。別に無理して結婚しても幸せにはなりません。

無理して結婚したり、流れで結婚してもいい事なんてありません。

「もう一緒にいたくない。別れてやる~」って言っても離婚をするのは簡単ではありません。

私は離婚経験者なので言っときます(笑)

とにかく考えすぎずにとりあえず気持ちを穏やかにニコニコを心掛ける。それだけでちがいます。

素敵だなって思ってもらえる可能性が高くなって、新しい出会いが増えますよ♪

ストライクゾーン

婚活がスタートラインからちょっとつまずきやすいタイプの人もいます。

そういう人も婚活疲れしちゃいやすいです。

そのつまずきやすい理由とは?

それはストライクゾーン(相手の許容範囲)がとても狭いから起こってしまうんです。

ピンポイントで人を判断してたら後悔します。

好みのタイプと実際好きになる人は違います。

それこそ、急に今まで何とも思ってなかった人を好きになったことありませんか?

そういうときって・・・

「いつも一緒にいるとき笑顔をたくさん見せてくれる」とか・・・

「しんどいとき一番心配してくれた」とか・・・

ホントちょっとしたことじゃないですか?

よく文章見てください・・・。

これって自分に向けられた相手の好意と思われる行動の部分に気づいて好きになっています。

だから、覚えていてほしいのです。

あなたがときめいて好きになっちゃう人は必ずしもタイプの人ではないことを・・・

現実離れ

ストライクゾーンと似ていますが少し違うのが、現実離れです。

「少しでも良い人と結婚したい!」その気持ちはすごくわかるんです。

それでも全然いいんです。

ただ、中には理解できないくらい理想が高い人がいます。

「顔も収入も学歴も性格も好みじゃないと無理~!」こんな風にとんでもなく条件つける人のことです。

「ちょっと現実離れじゃないかな?」って人に言われないと気づかない事も多いです。

自分のことは置いといて、相手の条件は全部そろってる人じゃないと受け付けられないタイプの人のことです。

好条件の人を求めるなら、自分自身もそれなりのレベルを求められることになることに気づいてほしいです。

最後に

婚活はやっぱり楽なことじゃありません。

だけど、ほんの少し考え方を変えるだけで楽な婚活ができるのです。

別に無理やり特別に何かをしないといけない・・・そんなことないです。

人に恋をしたり結婚したいって思うのも何かのタイミングです。

あんまり頑張りすぎず深く考えないことです。

ときめいたをずっと作っていけるようなそんな相手と出会えますように・・・