再婚できない人

バツイチさんで再婚できる人とできない人の違いは何か知っていますか?

外見や収入などの条件ではないです。何より人柄や性格などの内面なのです。

再婚できない人の特徴としてはこんなことが言えます。

  1. 時間がない
  2. 相手にされない
  3. 理想ばかり追いかける
  4. 離婚の原因は全部相手が悪いと思っている(暴力や不倫は除く)

こんなことを考えている間は再婚は難しいです。

時間は作っていくものです。

相手にされないというのも思い込みです。

理想ばかり追いかける人の場合、人や自分自身までも追い込み苦しめている場合があります。

離婚の原因を(性格の不一致など)相手がすべて悪いと考えるのは、何か違う気がします。

暴力を受けていたり、不倫などの場合は相手のせいにするのは仕方ないことですが

性格の不一致やお金の価値観が違うために離婚した場合などは、結婚する前に冷静になることで見極めができたことです。

なんでも人のせいや何かのせいにするのはやめるようにしたいものです。

離婚の原因

バツイチさんの離婚の原因がどこにあったのかは人それぞれです。

どうして離婚という形になってしまったのか?

今どう受け止めているのか?が重要なポイントです。

自分が悪かった部分があったなら、今度はそうならないように心掛ける気持ちを持つことです。

相手に悪い部分があって離婚に至ったとしても「恨むのではなく許す」それだけで違ってきます。

人を恨んだ状態では幸せな気持ちは育ちません。

思い込みは捨てる

結婚に対するマイナスなイメージは捨てましょう。

もう少し柔軟に考えてみることが大事です。

バツイチさんは一度結婚をしているのでいろんな経験をしていると思うのです。

一回目の結婚の時ならこうじゃないと形から入っていたことも多かったと思います。

ですがバツイチさんになったことで「別にこれでもいいよね」みたいに少しのことは妥協できるようになります。

ちなみに婚姻歴を気にしない方が婚姻歴のある方を選ぶ理由のひとつに

「一度結婚した経験を持つことで、落ち着きや柔軟性をもっていそう」こんなイメージがあります。

この際、過去の結婚に対する思い込みは捨ててください。

再婚できる人はポジティブな人が多い

再婚できる方の特徴はポジティブな性格の方が多いです。

理由としては、マイナーな思考の方と一緒にいると気分が憂鬱に感じること

精神的にも疲れてしまうことなどが考えられます。

そうなると相手の方から拒絶されやすくなってしまいます。

前回の結婚についてイヤなイメージを引きずってしまっている人もいると思います。

どうしても、そういう方は結婚のイメージを良くないほうへ考える傾向が強いです。

そのようにマイナーな方へ考え方が偏ると、やはり行動や仕草などちょっとしたところに出てくることがあります。

そのため、良くないイメージを持たれやすくなってしまいます。

そんなのもったいないと思いませんか?

離婚のことを一つの経験だと受け取らえ、次に進んでいく気持ちを持つことが再婚への近道です。