遅刻厳禁

身だしなみに時間をかけていて気づいたら時間が・・・

なんてことはよくある話ですよね。

しかし、遅刻は相手の大切な時間を奪うことになります。

遅刻だけはしないようにしてください。

時間に余裕があると落ち着いた雰囲気をまとうこともでき、ひとつの魅力になります。

また移動は電車を使うことをお勧めします。

なぜなら車やバスなどは渋滞や事故などにひっかかり遅刻の原因になることが多いからです。

遅刻はイメージを一気に悪くしてしまいます。

お見合い中の態度

笑顔を心掛けてくださいね。あいさつも大事です。

お相手の相談所の担当の方に好感を持たれておいた方が得です。

お相手相談所の担当の方に良いイメージを持っていただくと次の縁につなげてくれることがあります。

ひじをついたりはやめてくださいね。ソファーに座っている姿も見られています。

きれいな座り方を意識しましょう。

お相手と会った時自分と合わないと感じたとしても、数分で席を立つような失礼なことはしないでください。人を傷つけるような人にならないでください。

お見合いの時間は、だいたい1時間~2時間程度を目安にしてください。

気が合って長くなることは良いのですが、お相手の都合も聞いて判断してくださいね。

代金の支払い

お茶代を男性が負担してくれた場合はお礼は必ず伝えてください。

いわれなくてもわかることだとは思うのですが・・・残念なことにできない人もいるのです。

男性が負担するのが当たり前だと思うことはやめることです。

何事にも感謝の気持ちを持ち、言葉で伝える癖をつけておくことは結婚後も役に立ちます。

服装・身だしなみ

  1. 清楚な感じのイメージのワンピース・スーツで
  2. 服のシワが目立ちにくいものやシワになりにくいものを
  3. 派手なものや奇抜な格好はダメ×
  4. 化粧も派手になりすぎないように
  5. 口紅は落ちにくいものを選ぶこと(カップやグラス、歯に口紅がつくことも)
  6. 香水はつけるなら優しい香りのものを
  7. 化粧品の香りに思った以上に男性は敏感
  8. 靴のかかとのすり減りやめだつ傷がないかチェックを

お見合い中の会話

お話している途中に決していらないことは言わないようにしましょう。

自分が困ります。

  1. 次に会う気もないのに誘って期待させるような発言はダメ
  2. あまり深刻な話は×はじめて会う人にそんな話をされては困ります。

リラックスして話を続けられる人とまた会いたいと思います。

 

相手の心の入り口を最初から狭めていかないようにしましょう。

積極的に話しましょう。

お話をするのが苦手な男性は少し不愛想に見えてしまう方もいます。

不愛想にしていることを自分であまり気づいてない事が多いです。

不愛想に見える方でも、ただ緊張していたなんてことはよくあることです。こちらから笑顔で話しかけることにより緊張がほぐれてきます。

お互いお見合い承諾した後です。

男性は女性に話しかけられて気分が悪いなんてことはよっぽどじゃない限りないです。

あまり良いイメージ持ってもらえてないんじゃないかなど思わないでください。

先入観が一番良くない流れを作ってしまいます。笑顔で自分に興味を持ってくれる女性に悪い気がする男性はいません。

そこから良いイメージが生まれる可能性は大です。

「嫌々来た」

「ほかにもお見合いが決まっている」

「断れないから来ました」など・・・

まるで興味ないのをアピールしてるかのような言葉はダメです。

人を傷つけるようなことをする人になってはいけません。

自分が言われて気持ちの良くない言葉は普段から言わないようにした方がいいです。

自分で縁を遠ざけないでください。

相手のことで知りたいことがある場合、自分のことを先に話してからお相手にも話を振ってみてください。

根掘り葉掘りの質問攻撃はやめましょう。

ほかにもNGワード・会話の続かせ方などあります。

またそれはお世話する人のタイプによっても変わってくるので個人個人で対応します。

TOP