バツイチ男性の再婚の難易度

バツイチ男性の質問

再婚を考えるバツイチの男性から「女性は結婚相手の男性がバツイチなのは気になりませんか?」という話を聞きました。

バツイチ男性が再婚をする場合の難易度はそれぞれの環境によりかなり違います。

そして、再婚相手となる女性の選び方も配慮もまた違うので考えていかなければいけません。

子供がいないバツイチ男性

一番再婚への難易度が低いのが、子供がいないバツイチ男性です。

初婚でも再婚でも好きになれば関係ないという場合がほとんどです。

ですが、こだわりが強い女性や親やまわりの人が口うるさい場合なども考えられます。

こだわりが強い場合は本人の価値観なので無理に変えていくことはできません。

まわりの人たちがとやかく言う場合ですが、お互いの気持ちがゆるぎなく、これから先価値を高められるような関係性を築けて行けることを証明できるなら説得できると思います。

子供をもとの配偶者が育てている

子供を元の配偶者の方が育てている場合は難易度は中くらいです。

再婚でも子供がいてる場合はまた話が変わってきます。

子供をもとの配偶者が育てている場合の話ですが・・・

子供に会いに行くことや子供の件でどうしても元の奥さんに連絡を取ったりすることがあると思うのです。

その件を再婚を考えるお相手の女性がどう感じどう理解しているかは確認しておく必要があります。

さらにその再婚を考えている女性との間に子供ができた場合のことも想定してください。

「元の奥さんに連絡をとること」や「子供に会いにいくこと」を受け止められるかを再婚前によく二人で相談してください。

お相手の女性が理解して受け止めていくことができるのなら、結婚生活はうまくいきます。

しかし、ただ単に我慢をさせている状態になれば、いずれうまくいかなくなる可能性が高いです。

シングルファザーの場合

シングルファザーの再婚が一番難易度が高いです。

シングルファザーの場合は、お相手の女性の理解はもちろん

子供の気持ちも考えてあげないといけないのです。

シングルファザーであるあなたが子供を一番大事と思うことに、再婚を考えている女性が嫉妬しないか?

どうしても自分が一番じゃないとダメ!と考える女性とはうまくいきません。

子供はお父さんしか頼れる人がいません。

シングルファザーになった理由は様々だと思いますが、その時点で子供は心の中にさみしさを抱えています。

ただ単に自分のタイプで女性を選ぶということができないのです。

本能的なものか一般的に女性は「好きになった男性とほかの女性との間の子供を受け止められない」と思う方が多いです。

そして子供を育てることは、やはり並大抵のことでできることでないと思うのです。

実際にシングルマザーとシングルファザーなら圧倒的に再婚が大変なのはシングルファザーなのです。

うまくいくパターンもあります。

再婚したいと思うお相手の女性が一度子供を育てたことがありその子供が成人している場合、またはシングルファザーで子供を育てすでにその子供が成人している場合は再婚へ進みやすいです。