地味なのに男性に好かれる女性

地味なのに男性に好かれる女性っています。
女性からすると理由がわからない・・・
男性にはどういう風に見えているか気になりますよね。
華やかな女性の方が一見モテるかと思いきや、実は少し違うようです。
実際に
「同級生のちょっと地味目な女子が久しぶりに会ったらもう結婚してた」
「パッと見た感じ、地味な雰囲気な女子になぜかいい感じの彼氏がいて、もうすぐ結婚って感じだったり」

こういう話はよくあるんです。

着実に幸せを勝ち取っているんです。

外見申し分ないある女友達は「あんな地味な子なのにどうして?」って悩んでました。

地味な女性の魅力

地味なのに男性に好かれる女性にもちゃんとした理由があるのです。

決して意味もなく男性が目をつけるわけではないのです。

地味目な彼女たちはそのままの自分では受け入れてもらえないことを自覚しています。

だからこそ、人知れず男性に好かれるために「自分ができることはないか?」と独自で判断をして行動しています。

「自分にないものがあるなら、自分にできる最大限のことを」と考えているのです。

具体的にどんな感じのことをしているのでしょうか?

いつもニコニコ

華やかな女性にありがちなことがあります。

それはどうしても今までちやほやされてきたおかげの産物「私が私が・・・」みたいになってしまうことです。

地味なのに男性に好かれる女性たちは、自ら強いアピールはしないのです。

「いつもニコニコして、自分の話ではなく男性の話を聞いてうなずいてあげる。」

たったこれだけでも違うのです。

目指すのはこんなイメージです。

  1. 「控えめだけど、支えてくれる。」
  2. 「一途に応援してくれる。」
  3. 「疲れないように癒してくれる。」

家庭的

やっぱり男性には家庭的な雰囲気はウケがいいのです。

家庭的な雰囲気といえば、結婚後の生活をイメージするときに気になるところです。

地味なのに男性に好かれる女性がしている家庭的というのはちょっとしたことなんです。

例えば料理を作るとき

「爪は短く整えてみる。」

「髪は邪魔な時はまとめておく。」

そういう単純なところで家庭的かどうか判断するようです。

また、家庭的なイメージだと「攻撃的じゃないから一緒にいてもほっこりできそう」なんてイメージにもつながります。

服装はおとなしめで

おとなしめな服装といってもただの地味な服装ではなく、ある程度品のある自分に合った定番のものを選ぶということです。

「肌の露出は控える」

「体にフィットしたような服もやめておく」

結婚する相手に選びたい女性には派手な格好ではなく、清楚な服装と考えるのが男性の心理のようです。

地味なのに男性に好かれる女性たちはそういところもちゃんとサーチして実行しています。

卑屈にならない

地味なのに男性に好かれる女性たちは、自分たちのことを地味だからなどとは言いません。

外見に自信がなくても地味なのに男性に好かれる女性たちは、自分の魅力をアップできることがあればできる限り努力しています。

そして一番のポイントは

「自分の売りを知っていること」

ほかの女性と同じようにしてもダメなことを知っているのです。

「メイクの仕方」「髪型」「言葉づかい」など、自分に一番BESTなものを探し考え実行しています。

地味だからとあきらめずに自分のイメージアップをしっかり考えています。

趣味の話

地味なのに男性に好かれる女性たちは、趣味も男性が聞いて「えっ?」ってならないものを選んでいます。

例えばこのあたりのものは、男性が少し心配になる趣味になります。

  1. 「海外旅行」
  2. 「アイドルやアーティストなど芸能人の追っかけ」
  3. 「美食家」「ワイン好き」
  4. 「ギャンブル」

最後に

地味なのに男性に好かれる女性は、男性が女性を外見で選ぶことが多いことをよく知っています。

そこをしっかり理解したうえで、自分にできるのはどんなことか絞り込んで研究していることが多いのです。

結局、顔やスタイルなどの外見の好みは100人いたら100人違います。

いくら華やかな見た目を持っていても、同じような人たちの中に埋もれていくこともあって、結局選ばれないということもあるのです。

どんな人でも、みんなに好かれようとすると必ず失敗します。

「こんな人に好かれたい。」というようにイメージを設定しておくことも大事です。

そこから自分ができることを考えていきます。

地味なのに男性に好かれる女性は、大好きな人のために一途にいろいろ実行しています。

だからこそ、大切にされ結婚相手として選ばれることが多いのです。